スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出生数、6か月連続で増加…年間でも上昇の可能性

 厚生労働省が21日に発表した人口動態統計(速報)によると、今年7月の出生数は前年同月より3032人増の9万6048人となり、6か月連続で前年同月比プラスだった。

 6か月以上連続でプラスを記録するのは、1994年1月~95年1月(13か月連続プラス)以来のこと。

 2006年上半期(1~6月)の出生数は6年ぶりに増加に転じており、06年の合計特殊出生率も6年ぶりに上昇に転ずる可能性が高まっている。

 速報によると、06年1~7月の出生数は累計で64万5303人で、前年同期より1万4650人増えた。厚労省は、〈1〉景気回復による雇用情勢の好転の影響〈2〉30歳代前半の「団塊ジュニア世代」の結婚の増加〈3〉人工妊娠中絶の減少――などが増加の要因と指摘している。
(読売新聞) - 9月22日0時7分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。