スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院の若林・溝手氏入閣へ…2ポスト維持で一致

自民党の安倍総裁(官房長官)は22日午前、党本部で青木参院議員会長と会談し、26日の安倍新内閣の組閣では「参院枠」として現在と同じ2ポストを維持することで一致した。

 青木氏が「閣僚・副大臣・政務官の参院枠をきっちり守ってほしい」と要請し、安倍氏は「守ります」と応じた。

 安倍氏は会談後、「参院は派閥じゃないから」と記者団に語り、参院枠の存続を容認する考えを示した。

 会談では、入閣者の具体名への言及はなかったとされるが、参院側は、若林正俊参院政審会長(森派)と溝手顕正参院議院運営委員長(丹羽・古賀派)の入閣を求めており、両氏の入閣が事実上固まった。「副大臣4人、政務官8人」の参院枠も維持される。
(読売新聞) - 9月22日14時35分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。