FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒気帯び運転の記者、朝日新聞が懲戒解雇

朝日新聞甲府総局の中川裕史(ひろし)記者(27)(20日付で管理本部付)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で検挙された問題で、朝日新聞社は21日付けで同記者を懲戒解雇処分とした。

 また武内健二・東京本社編集局長(ゼネラルマネジャー)ら幹部3人を減給処分とした。

 処分理由について同社広報部は「法規に触れる行為であった上、検挙されたことを上司に報告していなかった」などと説明している。

 また幹部は管理責任を問われた。

 中川記者は19日未明、自宅近くの甲府市内で乗用車を運転中、山梨県警甲府署の検問で検挙された。社内調査によると中川記者は、休みだった前日の18日、日中に自宅で焼酎を飲んでいたという。飲酒量などについて同社は、「具体的な調査結果の説明は控えたい」としている。
(読売新聞) - 9月21日20時31分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。