スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシン氏、亡命先のロンドンに到着

タイ首相の座を追われたタクシン氏は20日夕、タイ国際航空機でロンドンのガトウィック空港に到着した。

 タクシン氏は、報道陣の質問は一切受けず、側近とともに高級車で空港を立ち去った。英政府は、私的な訪問としているが、21日付の英紙ザ・タイムズは、タクシン氏が、「ロンドンでの政治亡命の新たな生活を開始した」と報じている。

 英国内でのタクシン氏の滞在先は不明。同氏は同国内に多数の不動産を所有している。長女はロンドンに留学しており、夫人も一両日中にロンドン入りし、家族や側近が当地に合流すると見られている。

 ベケット英外相は20日、記者団に対し、クーデターに遺憾の意を表明した。
(読売新聞) - 9月21日11時59分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。