スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウム「上祐派」、賠償金400万円支払いを発表

 オウム真理教の上祐史浩代表(43)を支持する「上祐派」は20日、事件の被害者や遺族への賠償金として、破産管財人に400万円を支払ったと発表した。

 教団では新教団の設立を目指す上祐派と「松本帰依」を強める「反上祐派」が対立している。上祐派は賠償金の支払いに先立ち、管財人に対して、両派の会計が今年7月から分離され、反上祐派に教団資産の分割などを求めていることを説明したという。

 また、教団が松本智津夫死刑囚(51)の家族に金銭を支払っていることについても、支払い中止を提案したが、教団内部にはこれに反対する動きがあることも明らかにした。
(読売新聞) - 9月20日13時48分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。