スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和シェル石油、津のGSで10年間ハイオク誤給油

石油元売り大手の昭和シェル石油(東京都)は20日、津市戸木町のガソリンスタンド「久居インター西店」で、約10年間にわたり、ハイオクガソリンを販売する際、一部でレギュラーガソリンを給油する間違いがあったと発表した。

 同社によると、1996年12月に同店を改装した際、3台ある計量機のうちの1台で、施工業者がハイオク用のノズルの配管をレギュラーのタンクに間違えて接続したのが原因という。

 先月27日、同店で給油した客から「エンジンの調子が悪い」との申し出があり、接続ミスが発覚。調べたところ、1日あたり約50リットル、総量で計約166キロ・リットルを誤って給油していたことが分かった。
(読売新聞) - 9月20日13時53分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。