スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪トヨタで中古車架空販売、社員名義などで水増し

 自動車販売大手の「大阪トヨタ自動車」(旧大阪トヨペット、本社・大阪市)で、社員やその家族、取引業者に中古車を販売したように偽装して販売台数を水増しする「架空販売」が、中古車販売の全11営業店で繰り返されていたことがわかった。

 仕入れを装って高値で買い戻し、最終的に価格がつり上げられた中古車を一般顧客が購入していたケースもあった。複数の社員は「販売ノルマ達成のため、店長から指示された」と証言している。

 関係者によると、大阪市の営業店では、同社の本社が2004年6月初旬に35万円で仕入れた国産中古車を同月下旬、営業店の社員に45万円で販売したとし、社員名義で国土交通省の地方運輸支局に自動車登録した。5か月後、この車を80万円で買い取った形にし、数日後、一般顧客に90万円で販売していた。
(読売新聞) - 9月24日11時53分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。