スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒運転の34歳消防士長、懲戒免職に…東京消防庁

 東京消防庁は20日、東京・文京区で今年5月、酒を飲んでオートバイを運転中に人身事故を起こした府中消防署の男性消防士長(34)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 同庁によると、消防士長は5月21日夜、墨田区内の居酒屋でビールや焼酎などを飲んだ後、オートバイを運転し、文京区大塚の路上で男子大学生(当時22歳)のオートバイに追突。大学生に2週間の軽傷を負わせ、警視庁大塚署に業務上過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕された。消防士長は6月、東京簡裁から罰金40万円の略式命令を受けた。
(読売新聞) - 9月20日13時48分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。