スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロでか!白昼の渋谷騒然…しずちゃんド迫力の“腰振り”披露

お笑いコンビ、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代(27)が22日、東京・渋谷109の1階イベントスペースで、23日公開の映画「フラガール」(李相日監督)のヒット祈願イベントを行い、レイザーラモンHG(30)顔負けの“悩殺腰振りダンス”を披露した。

 劇中と同じ腰みの、ヘソ出しのセクシーなタヒチアンダンサー姿でしずちゃんが登場すると、渋谷の街は騒然。「恥ずかしがり屋で子供っぽいんですけど、どこか大人の色気を感じさせる、私にピッタリな役」を演じたしずちゃんは、はじめこそ観客の視線もあってか恥ずかしそうに踊っていたが、徐々にノってくると、衣装のビーズが飛び散るほど腰を上下左右に激しくブルンブルン。恥ずかしさを微塵も感じさせないド迫力ダンスで、集まった約500人の観客を圧倒した。

 1メートル82、B102W82H102の巨体とは裏腹な俊敏な腰の動きに会場からため息が漏れた。約3カ月の練習の成果を見せつけたしずちゃんは、「私の腰振り? 全国の男性に捧げます」と色気を振りまき、満足げ。

 同作が米アカデミー賞外国語映画部門へのノミネーションを目指す日本代表作品に選ばれたこともあって、気持ちはすでにハワイよりハリウッドに向いているようで、「(自身の)ハリウッド進出が近づいてきた」とニンマリ。1月に行われた製作発表で「私の演技で全米を泣かせます」と豪語した言葉が現実味を帯びてきたことに「私の思い通りに進んでいる」と、不敵な笑みを浮かべていた。

 しずちゃんと主演の松雪泰子(33)らは、23日午後12時半から東京・シネカノン有楽町で行われる初日舞台あいさつに出席する。

〔写真:ウエスト82センチの太っ腹を惜しげもなく披露したしずちゃん。映画ではダンスを猛練習したにもかかわらず、プロポーションはまるで変化がなかったとか…〕
(サンケイスポーツ) - 9月23日8時1分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。