FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルおたくの「聖地」摘発…裏写真誌DVDを販売

違法なわいせつ図画にあたる写真誌やDVDを販売していたとして警視庁保安課は22日までに、東京都千代田区神田神保町などの古書店を一斉摘発。わいせつ図画販売目的所持の現行犯で、7店舗の経営者と従業員計9人を逮捕。写真誌、DVDなど1300点以上を押収した。神田神保町は約160の古書店がある日本有数の古書店街だが、逮捕された経営者らは「客足が落ち、手を出してしまった」などと悲しい供述。無修整の“裏モノ”を扱うまでに“堕(お)ちた”台所事情を嘆いているという。

 お宝モノぎっしり 摘発されたのは、神田神保町の「荒魂(あらたま)書店」や「トキヤ書店」の経営者ら。7店舗からは写真誌971冊、DVD164枚、ビデオ215巻が押収された。

 調べでは、9人は18日から19日にかけ、神田神保町や東京都江戸川区の7店舗で、客から約1000円で買い取ったわいせつ写真誌やDVDを販売目的で所持していた疑い。

 「荒魂書店」はアイドルの写真集、グッズからアダルト、SM雑誌まで幅広く取りそろえる、サブカルチャー系では有名な老舗の古書店。

 アイドル写真集の在庫は約1万冊。人気歌手や有名女優の過去のヌード写真集など、お宝モノになると、定価2000、3000円台のものが、10~20万円台のプレミア価格で売られていたという。

 マニア絶大な支持 アイドルグッズもポスターや看板など、レアな掘り出し物ばかり。一点モノのコレクターズアイテムを好むファンから絶大な支持を受けていた。

 「荒魂書店」を含め、約160の古書店が軒を連ねる神田神保町は古書店街として全国的に有名。そんな日本随一の古書店街でも、「荒魂書店」は存在感抜群。テレビ番組にもたびたび取り上げられてきた。

 調べによると、同店経営者の原田正明容疑者(57)らはいずれも容疑を認め、「ネットで古書が直接売り買いされるようになって売り上げが落ち、手を出してしまった」「5年ほど前から客足が落ちた。月の利益約180万円のうち2割は『裏モノ』だった」と話しているという。同店を何度か訪れたことがある新宿区の男性(35)は「『荒魂』は値段が高すぎて、実際に買う人は少なかった気がする。『冷やかし』も多かった」と話していた。
(スポーツ報知) - 9月23日8時2分更新
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。