スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L・ダイヤモンド・フィリップス、恋人への暴力で告訴

1987年のヒット映画「ラバンバ」でロック歌手リッチー・バレンス役を演じた米俳優、ルー・ダイヤモンド・フィリップスさん(44)が恋人に暴力を振るった罪で告訴された。
 地元当局が22日、明らかにした。
 有罪となった場合、フィリップスさんは最長1年の禁固刑に加え、2000ドル(約23万円)の罰金を科される。罪状認否は10月18日に予定されている。
 発表によると、フィリップスさんは8月、恋人と口論の末「女性を押したり家の中を引きずり回し、両ひざをすりむくけがを負わせた」。女性は浴室に避難し、警察に通報したという。
 フィリップスさんの広報担当者はこの件に関してコメントしていない。
 フィリップスさんはこれまで数々の映画やテレビ番組に出演。最近「Numb3rs」や「Law & Order: Special Victims Unit」などの人気テレビ番組にゲスト出演した。
(ロイター) - 9月23日12時0分更新
スポンサーサイト

中国人よ、礼儀守れ…海外旅行急増で共産党が提言

中国共産党の中央精神文明建設指導委員会弁公室と国家観光局は、一般から募った声をもとに、海外旅行中の中国人によるマナー違反の代表例をまとめるとともに、「礼儀の国のイメージ」(同委員会)を守るための提言を出した。

 急成長を続ける中国では、昨年、海外、香港、台湾などに出かける旅行者が約3100万人に達した。代表例には、今や世界中の観光地にあふれる中国人客の様々なマナー違反が並ぶ。

 所構わずたんを吐き、手鼻をかみ、たばこを吸う。大声をあげる。先を争って乗り物に乗り、列に割り込む。シャツやズボンのすそをめくり上げる――といった中国国内では日常の光景のほか、外国人と強引に記念撮影する、バイキング式の食事で取りすぎて残す、ホテル備品を持ち帰る、などもヤリ玉にあがった。
(読売新聞) - 9月22日23時38分更新

インドネシアでキリスト教死刑囚に刑執行、各地で暴動

インドネシア・スラウェシ島中部で2000年に起きた宗教抗争で、イスラム教徒殺害を扇動した罪などに問われたキリスト教徒死刑囚3人に対する銃殺刑が22日未明、執行された。

 これに反発したキリスト教徒の一部が暴徒化、各地で襲撃や放火を始めた。

 ここ数年、比較的静穏を保ってきた両教徒間の対立が、今回の死刑執行で再燃する恐れが出てきた。

 国営アンタラ通信などによると、中スラウェシ州テンテナで数千人が街頭に繰り出し、タイヤに放火、警察署に投石を繰り返した。東ヌサトゥンガラ州でも各地で暴動が拡大、裁判所や検察官事務所、政府庁舎などが襲撃され、同州アタンブアでは放火された刑務所から受刑者約190人が脱走し、大混乱となった。襲撃で検察官1人が刃物で刺されたほか、警察官の発砲などでけが人が出ている模様だ。
(読売新聞) - 9月22日22時47分更新

タイ改革評議会、調査委でタクシン氏の不正蓄財追及へ

22日付のタイ英字紙ネーションは、クーデターで全権を掌握した「民主改革評議会」が近く、タクシン前首相と一族による不正蓄財疑惑を調査するための委員会を設置すると報じた。

 委員会のメンバーは6人で、今のところ、クラーナロン国家汚職防止委員会前委員をはじめ、元上院議員や元判事らで構成される見通しだという。

 資産調査の対象となるのは、タクシン氏本人のほか、与党政治家に資金を提供していたとされるポチャマン夫人やタクシン氏の私設秘書らを含む。また、タクシン内閣の閣僚も調査対象で、副首相のスリヤ氏、農相のスダラット氏らのほか、国連事務総長選に立候補している副首相のスラキアット氏も含まれている。
(読売新聞) - 9月22日13時35分更新

ボンズ薬物疑惑、記者2人が取材源証言拒否で禁固刑に

AP通信によると、米大リーグ、ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手の薬物使用疑惑の裏側を描いた告発本「ゲーム・オブ・シャドーズ」の共著者で、地元紙サンフランシスコ・クロニクルの記者2人が21日、連邦大陪審に対しボンズらが行った供述内容の入手先を証言することを拒否したため、最長18か月の禁固刑を言い渡された。

 両記者は上訴する方針。

 2記者は同書で、2003年にボンズが大陪審で行った証言などを詳述。連邦検察が証言内容の漏えいを問題視、情報源を明かすよう要求したが、記者側は取材源秘匿の原則に照らしてこれを拒否していた。
(読売新聞) - 9月22日16時17分更新

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。